偏った食事からバランスのいい食事メニューへ変更

20代までは、食事に対して特に何も考えずに、好きな物を好きなだけ食べる生活をしていました。カップメンやファーストフードを毎日のように食べている時期もありました。

しかし、30代に入った頃から、徐々に体の変化が現れるようになりました。肌や髪のハリやツヤがなくなったり、シワができるようになったりといった美容面から、お腹まわりに脂肪がつきやすくなったり、便秘がちになるなどの健康面などにも影響してきました。

若い頃とは違う体の変化が現れ出したことで、生活習慣、特に食事について気をつけるようになりました。まず、毎日のように食べていたカップメンやファーストフードの回数を減らしました。できるだけ自炊することにして、毎日のメニューには野菜を必ず入れました。また、肉だけでなく魚を食べる曜日も決めておき、肉中心のメニューにならないようにしました。

こうした食事改善をした結果、便秘がすっかり治りました。また便秘が治ったことで、肌ツヤもよくなり、吹出物もすっかりキレイになりました。以前は体にだるさがずっと残っていることが多かったのですが、それもすっかりなくなり、毎日スッキリした状態で過ごせています。健康面においても、かなり改善されたような気がします。