健康と食事の関係は誰もが知っていること

健康な身体で生涯生きていきたいのなら、食事だけは絶対に馬鹿にしてはいけません。食事というものをバカにしていたら身体は健康になれないのです。

誰も食事を摂らずこの世で生きることなどできません。人間だけではありません。それはこの世の中で生きるすべての生き物にとって必要不可欠なことです。だから食事を絶対に馬鹿にしてはいけないのです。

「食事と健康の関係など今更誰かに教わらなくても、アドバイスなどもらわなくてもいい!」というくらいでなければなりません。もう十分わかり過ぎているくらいでなくてはおかしいのです。

特に「食べ過ぎは健康に悪い」ということは誰でもわかっています。食べなさすぎもよくないことですが、食べ過ぎるという行為はそれよりもはるかに身体の負担になるのです。身体にいいわけありません。どんなに栄養豊富なモノでも食べ過ぎては意味がないのです。たったこれだけのことでもわかっていれば身体に悪いことを一つ減らせます。