脇下のニオイはどんな風に防げば効果が高いのか?

「体の臭い」・・・出すのも嗅ぐのもイヤなものです。
あたしもあたし自身の脇臭や頭皮臭が気に掛かる事があります。
そんな時、問題なのはその解決方法です。

頭皮臭は頭皮の脂が関係しているので洗髪方法としては頭髪自体をキレイにするというよりも毛根の所を指を立てずにマッサージするように洗髪しています。
ですが、脇下のニオイはどんな風に防げばいいのでしょうか。
デオドラントスプレー、ウェットシートと沢山デオドラント製品はありますが、個人的にはもっとも有効性が高いのはクリーム状のデオドラントです。

自分はネットで注文していますが、本当にそれが有効性を感じます。
ですが、矢張り個人に合う合わないがあるのでやはりニオイケアとしては個人個人が体質にあったものを探していくしかないのかもわかりません。
個人的な感じ方なのですが、あたしは自分の体臭については匂いで感じています。

だけど、巷には自身の身体の臭いを自分で気付かない人もたくさんいらっしゃるように思えます。
あたしはパチンコ好きなのですが、となりに来た人が悪臭を放っていて泣きたくなる時もあります。
矢張り周囲の様子を伺うとワタシと同じように思っている人もいてマスクなどでガードしますが、完璧に臭わなくなるわけではありません。

デリケートな問題だから文句も言えないものの、後から来た人にひどく悩まされるのは本当に割に合わなく感じます。
やはり各自の防臭対策や配慮が欠かせないと感じています。

うちの息子は、超ド級の足臭を持っている。
何はともあれ、帰宅を告げる声よりも早くモワーっと広がってくる納豆臭。
「納豆」は好きな方なんですけどね・・・。
だけど、あの納豆みたいな足のニオイは、たまらなく嫌だ。

「風呂場で足を洗ってきてよ。」ムスコは、いたずらっ子の顔になり、わざわざそこら中のラグなど布製品に両足をグリグリして、ニオイ移りさせようとするんです。
何と言うか、まるで「マーキング行動」です。
風呂場で洗っても、足臭は、やっぱりしてきます。

消臭剤を絨毯などにふりかける時に、息子の足にもまく。(真似しないで下さいね)
靴用消臭スプレー等を息子の靴の中にもやります。
兎に角、臭そうな所は全てまく。

それでも、ちょっと臭ってきます。
どうにかならないものかと悩んでいると、やつが、自分の素足をあたしに嗅がせにくる。
「臭い?」臭いに決まってる。
涙目になるほどだ。

「風呂湧いてるから、入っちゃえ。」とおフロに追いやる。
毎日の日課。

息子のソックスは、のり付けもしていないのに、足の裏のところが、カピカピになっています。
洗浄しても直らない。
足のニオイは、菌の繁殖が原因みたいですが、何故、「納豆臭」に近いのか疑問に思います。

お風呂に入って、ボディーシャンプーで洗って、ようやっと足臭がなくなります。
あの「足臭」は、もう嗅ぎたくない。

みなさん、自分の体臭で不安になることはありませんか?あたしもよく気に掛かる事があります。
暑いシーズンの汗をよくかく時期もですが、冬の外出先でのニオイも不安を感じてしまいます。
寒い時期はただただ寒いという印象ですが、実際はけっこう発汗します。

厚着をして外出しビルなどの暖房がよく効いた場所に行くと、じっとりと汗ばんできます。
昨年わたしは結構そんなことがあって、いつの間にかボアコートにまで「汗臭」が染み込んでいました。
上着は簡単にクリーニング出来ないので、衣類用芳香剤などを使ってみましたが、どんなに強力な消臭効果を謳ったものでも「汗臭」はなかなか取れず…。

そういった失敗から、今回はインナーウェアを買い換えてみました。
厚手のコートを着るときは厚いセーターなどは着ない。
それから肌着は発熱素材をやめて、コットン素材など、吸湿性のあるものを利用するようにしました。

今は発汗があっても、すぐに乾いた感触になります。
なので上着類にも汗の匂いが付着しないので、不安なくお出掛けが出来ています。
汗臭ケアで皆も冬を快適に過ごしましょう!

わたくしの旦那さんが異常なほどに体臭を気にかけています。
主人が生きていく為に、パウダーシートと塗るタイプのデオドラント剤が絶対かかせないものらしく、朝一番でパウダーシートで身体をふき、そしてロールオンのデオドラントを脇の下にベタベタと塗り付けています。

正直言うと、あたしは主人に対して臭いなどと思ったことはなかったので、なぜそんなにまでして(それが、暑い季節だけでなく、寒い時期も欠かさず)ニオイに敏感なのか疑問でした。
さっぱりわからないので聞いたら、どうやら昔、勤め先で「くさい」と真っ正面から同僚の女に言われたみたいです。
それ以後その臭いケアが日々のルーティンになったようで、やたらとそのニオイが気になってしまったわたし。

できることなら何のケアもせず、私にほんとうの臭いをかがせて下さいと頼み込みました。
旦那さんはえー?というような、困惑した顔だったのですが、そこまで言うなら嗅がせてやろうとOKしてくれました。

その翌日、朝から何もしないで、夜までいつも通りに仕事をして、7時頃帰宅。
帰ってきてすぐさま、服の上から臭いを嗅いだのですがあまりニオイがしなかったので、いちばん臭いところはどこかと聞いたら上着を脱ぎ捨て、肌着のワキの部分をわたくしに出して見せ、ついにその臭いを吸い込みました。

彼のにおいは頭がクラクラするくらい猛烈な臭さでした。
すぐにオエッとなりました。
ご飯を食べてなくて本当に良かったです。

玉ネギをずっと暖かいところに置いたままで、腐敗が進んだ時の生暖かい臭い。
あれほど気持ち悪くなるにおいがこの世にあるという事に驚くとともに、人類の秘めた力を何となく感じてしまった夜でした。